ペット火葬の流れは合同と個別で変わってくる

ペット火葬のバリエーション~最適な葬儀サービスを選ぶ方法~ ペット火葬のバリエーション~最適な葬儀サービスを選ぶ方法~

ペット火葬の大まかな流れを把握しよう

ペットの遺骨

具体的にはどんなスケジュールで申し込みからご葬儀、火葬が進むのか、ペット火葬業者に依頼した場合の大まかな流れを見てみます。愛するペットの最後の時、理想のお別れの仕方を考えるにあたっての参考に活用ください。

合同火葬と個別火葬の流れ

死去・ペット火葬業者へ連絡

ペットが亡くなったらご遺体を安置して、火葬業者に連絡しましょう。葬儀業者に連れていく、もしくは専用車でお出迎えしてもらって、火葬の準備を進めます。業者によっては、火葬の準備におくるみなどで旅支度をしてくれます。

お別れ式

葬儀式場で、ペットに最後のお別れをします。生前好きだったおもちゃ、おやつなどと一緒に納棺して、別れを偲ぶセレモニーです。ここまでは合同火葬も個別火葬も同じ流れで進むのが通常で、お別れ式以降の手順が変わってきます。

お別れ式以降の合同ペット火葬の流れ【合同火葬・ご納骨】

合同ペット火葬の場合、他の子たちと一緒に数日以内に火葬されます。全ての子が一緒に火葬されるため、個別にご遺骨の返却はできません。お別れ式を済ませた後は、火葬業者に一任する流れです。49日を迎える頃に合同供養祭を行った後、施設の保有する合同墓に納骨されます。どこに納骨されるのか聞いておけば、お彼岸などにお墓参りすることもできます。お友達と一緒に安眠できるようお祈りして、お花やお線香をあげてください。

お別れ式以降の個別ペット火葬の流れ【個別火葬・ご返骨】

個別火葬だと、一任もしくは立ち会いを選びます。一任とはお別れ式以降を業者にお任せして、火葬をお願いするスタイルです。立ち会いだと、お別れ式の後に火葬、拾骨までを家族一緒に行います。いずれの場合も、合同火葬とは違って返骨の儀式があります。受け取ったご遺骨は、自宅に連れて帰るもしくは納骨堂でご供養した後、個別墓や合同墓に納めましょう。納骨方法について家族の話し合いがまとまっていない場合、49日まで預かってもらえる業者もあります。

TOPボタン