ペット火葬を行う際に覚えておきたい個別と合同の違い

ペット火葬のバリエーション~最適な葬儀サービスを選ぶ方法~ ペット火葬のバリエーション~最適な葬儀サービスを選ぶ方法~

ペット火葬費用の違い

合同ペット火葬と個別ペット火葬では、どの程度費用が変わるのでしょう。個別ペット火葬の中でも、一任スタイルと純然たる個別火葬の違いは気になります。それぞれの費用目安として考えたい、ざっくりとした金額を見ていきます。

合同ペット火葬の費用相場

動物達

合同ペット火葬費用の目安は、動物の種類や大きさによって変わってきます。小鳥やハムスターなど極小サイズのペットなら3000円、ウサギやフェレット、プレーリードッグなど小動物なら8000円程度です。小動物よりやや大きい猫や小型犬なら10000円、柴犬やコーギーなどの中型犬だと20000円くらいになるでしょう。ゴールデンレトリーバーなど大型犬の場合は合同火葬が難しいケースもあるため、業者に確認してください。いずれにしても個別葬より低価格でご供養できるスタイルなので、限られた予算で最後のお別れを考えている方に支持されています。

個別ペット火葬の費用相場

一任個別火葬の場合、極小サイズの動物で8000円、小動物なら13000円程度です。小型犬だと15000円、中型犬で25000円程度が相場でしょう。大型犬だと、35000円前後を請求されます。個別火葬の場合はさらに費用が高めになって、極小サイズの動物で10000円、小動物なら18000円くらいかかります。小型犬だと25000円、中型犬で30000円、大型犬で40000円前後を請求されます。いずれの場合も体重30キロを超えるような超大型犬や大型動物だと、火葬できるかどうか問い合わせのうえ費用を決めます。

ペット火葬の費用の疑問

なぜ合同火葬と個別火葬とで費用が変わるのでしょうか?
合同火葬は個別火葬と比較して安くなるのが通常ですが、理由としては必要なコストが異なるためです。火葬炉を動かすにはそれなりにお金がかかるため、何匹かのペットを一緒に火葬する合同火葬の場合、請求金額が安くなります。
TOPボタン